情報理論

はじめに

pythonによる大量のtxtデータのグラフ化[2]~グラフのプロット編~

こんにちは、ぽたです。これはの続きになります。を読んでいない方はそちらからお願いします ※プログラムは未完成で続きをいつ書くかはわかりません。pythonの勉強が進み次第です。 気長にお待ちいただけると幸いです。 今回やること...
はじめに

ハフマン符号化と確率が同じ場合での平均符号長の違い[情報理論]

こんにちは、ぽたです。今回は、ハフマン符号化した場合に何パターンか作れる場合ありますよね。平均符号長の長さは同じなのかと気になったので考えてみました。 ハフマン符号化とは ハフマン符号化とは、確率が大きいもの、出てきやすいもの...
情報理論

(7.4)ハミング符号の最小ハミング距離が3の理由と誤り訂正能力[情報理論]

こんにちは、ぽたです。今回は、ハミング符号のハミング距離と誤り訂正能力について書いていこうと思います。 ハミング符号とは ハミング符号とは、データの誤りを検出、訂正することができる符号の一つです。 詳しいことは、 ...
情報理論

ハミング符号の生成行列と検査行列の意味の理解及び誤り訂正の仕方[情報理論]

こんにちは、ぽたです。今回は情報理論の生成行列と検査行列について、そしてそれを用いての誤り訂正のやり方をわかりやすく説明してみようと思います! ハミング符号とは ハミング符号とは、ある整数mに対して、 で表される...
情報理論

(情報理論)生起確率を持つ二元対称通信路における相互情報量と通信路容量の関係

こんにちは、らちょです。今回は情報理論についてのお話です。情報理論を学習することで情報化が 進む世の中を理解することができるので、近年情報理論を学習する方が増えてきています。 今回はそんな情報理論で最初の壁である相互情報量と通信路容...
タイトルとURLをコピーしました